ブランディング

飲食店に自社サイトは必要?サイトをつくるメリットとは

飲食店に自社サイトは必要?


飲食店集客で必要不可欠な「媒体」。
飲食店を運営している人なら一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

今では全国にある飲食店の約7割が媒体で集客を実施。それにより、飲食店が集客のために自社サイトをつくる必要性が低くなっています。

なぜ、媒体がこれほどまでの力を持つようになったのか。理由を探ってみると、おもに以下の2つのポイントが関係しているようです。

・媒体を利用するユーザーが増えた
・それほど手間をかけないでも集客効果を期待できる

基本的に人手が足りない飲食業界では、集客活動にあまり力を入れられないという課題があります。もちろん、すべての飲食店がそうではありませんが、たとえば人件費に予算を使えない飲食店の場合、なかなか人手を増やせないため、集客活動にパワーを割けません。

そこで多くの飲食店は媒体への掲載を検討します。媒体を利用すれば、自力で集客活動をしないでもユーザーをお店に集めることができるからです。飲食店集客で媒体の利用率が高い理由はここにあります。また、このポイントが自社サイトの必要性を低くしている原因のひとつです。

ところが、媒体には数多くの飲食店が掲載されています。媒体は便利な反面、飲食店同士の競争が激しいフィールドでもあるのです。その影響で思うような成果を得られていない飲食店もたくさんあるでしょう。さらに、媒体ではそれぞれの飲食店が持つオリジナリティを出しにくいという特徴も。

そのため、飲食店は媒体以外の集客方法も考えていく必要があります。そんなときにおすすめなのが「自社サイトの活用」です。あまり必要性があるとは考えられていない自社サイトですが、じつは飲食店集客に欠かせないものなのです。

自社サイトを持つメリットとは


なぜ飲食店集客で自社サイトの活用がおすすめなのでしょうか。また、欠かせないものといえるのでしょうか。これには、以下のメリットが関係しています。

媒体より詳しい情報を伝えられる

媒体ではユーザーに伝えられる情報に限りがあります。しかし、自社サイトでは基本的に伝えたい情報をいくらでも載せることができます。文章や写真、動画などなど、さまざまなやり方でユーザーにあなたの飲食店の魅力を伝えられます。これは、自社サイトならではのメリットといえるでしょう。

イメージを伝えやすい

均一のデザインをしている媒体では、それぞれの飲食店のオリジナリティを伝えにくいというデメリットがあります。ですが、自社サイトなら自由にデザインをカスタマイズできます。たとえば、飲食店のコンセプトに合わせたデザインにしたりすれば、ユーザーにあなたのお店のイメージをしっかり伝えられます。

自社サイトで集客できれば広告予算削減につながる

媒体を利用すると集客効果に関係なく、掲載し続けている限りコストがかかります。自社サイトで集客できれば、そうしたコストを抑えることができます。もちろん、自社サイトで集客を実現するにはさまざまな施策が必要になり、それにはコストがかかることも事実です。しかし一度、集客できるサイトに育ててしまえば、最終的に媒体に掲載し続けるよりもコストを低く抑えられます。

ユーザーに安心感を与えられる

ユーザーは情報収集の過程で、その飲食店のサイトをチェックすることが多いです。そのとき、サイトがなければユーザーはきちんとした情報を得られず、ネガティブな印象から不信感を募らせ、実際に足を運ぶモチベーションを下げてしまうかもしれません。しかし、自社サイトがあり、そこにきちんとした情報が載っていればユーザーは安心感を持てます。それが、実際にあなたの飲食店に足を運んでもらえることにつながります。

以上のように自社サイトをつくれば、媒体にはないメリットを得ることができます。これらのメリットは、集客でプラスの働きをしてくれます。そのため、自社サイトはおすすめの集客方法であると同時に、飲食店集客で欠かせないものなのです。

ただ、これらのメリットを得て、集客効果を導くには、さまざまな施策をおこなう必要があります。そのなかでも特に重要なのが「自社サイトのブランディング」です。

では、どのようにブランディングをすれば、自社サイトで予約を促せるのでしょうか。そして、集客につなげられるのでしょうか。

飲食店サイトのブランディング方法


まず取り組むべきなのが「ブランドイメージの確立」です。

「高級感」「高品質」「安心・安全」などなど。あなたの飲食店がどのようなブランドイメージなのか、現在の市場の立ち位置やユーザーがすでに抱いている印象を参考に決めていきましょう。これを確立できれば、ユーザーにあなたの飲食店のイメージを伝えやすくなります。

そして、つぎに取り組みたいのが「ブランドビジュアルの決定」です。これは、ブランドイメージをどのようなビジュアルで伝えていくのか決めることを指します。

サイトのレイアウトや配色、ロゴといった部分をはじめ、内装や料理の写真、スタッフの動画、利用ユーザーの口コミなどのコンテンツは、ブランドイメージを伝える方法として有効です。ユーザーにうまく伝えられるように工夫していきましょう。

ほかにも、サポート体制の構築や問い合わせ対応など、ありとあらゆるものがブランドイメージと統一されるようにサイトを構築していくことも大切になります。

これらを意識して自社サイトをつくっていけば、あなたの飲食店のブランドが確立され、競合との差別化ができます。それが、集客につなげられる可能性を高めます。

最近では、自社サイトとSNSを連携させたブランディングも注目を集めています。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSも活用し、ユーザーのロイヤリティを獲得できる体制を構築させていきましょう。


媒体で期待するような成果を得られない場合、別の集客方法として自社サイトの構築がおすすめです。とはいえ、自社サイトを単純につくるだけでは集客効果を期待することはできません。自社サイトで予約を促し集客へつなげるためにはブランディングが重要になります。それがうまくできれば、自社サイトで集客することも難しくありません。媒体以外の集客方法を探している人は自社サイトの構築を検討してみてはいかがでしょうか。


【参考】

https://www.marketingbank.jp/special/cat02/58.php
飲食店が自分のホームページを持つべき3つの理由

https://innova-jp.com/branding-site/
ブランディングサイトについて、正しく理解できていますか?〜構築の目的、手順、事例まで〜

WEB集客・店舗ブランディングにお困りの方はこちらへ

ピックアップ記事

  1. 飲食店にSNSは必須?!おすすめのSNSや運用の際の注意点について
  2. 味よし!立地良し!なのにお客さんがこない飲食店とは
  3. 飲食店に自社サイトは必要?サイトをつくるメリットとは
  4. 飲食店の人材不足は解消できる?スタッフが辞めない店舗とは
  5. 今のままでいいの?目指すべき飲食店の集客方法とは

関連記事

  1. ブランディング

    味よし!立地良し!なのにお客さんがこない飲食店とは

    何故、お客さんがこないの?料理の味や店舗の立地。また、内装や接…

  2. ブランディング

    飲食店のメニュー開発の方法とは!?

    メニューが少ないとお客さんが飽きてしまう新しいメニューをつくり…

ピックアップ記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 飲食店のメニュー開発の方法とは!?
  2. 味よし!立地良し!なのにお客さんがこない飲食店とは
  3. 飲食店にSNSは必須?!おすすめのSNSや運用の際の注意点に…
  4. 飲食店に自社サイトは必要?サイトをつくるメリットとは
  5. 今のままでいいの?目指すべき飲食店の集客方法とは
  1. マーケティング

    飲食店にSNSは必須?!おすすめのSNSや運用の際の注意点について
  2. マーケティング

    今のままでいいの?目指すべき飲食店の集客方法とは
  3. ブランディング

    飲食店に自社サイトは必要?サイトをつくるメリットとは
  4. マネジメント

    飲食店の人材不足は解消できる?スタッフが辞めない店舗とは
  5. ブランディング

    味よし!立地良し!なのにお客さんがこない飲食店とは
PAGE TOP