Customer's Voice

「作りっぱなしにしない!」運用を重視したサイトブランディング

ライナ株式会社
代表取締役 小川 雅弘 様

ご利用中のサービス

【ブランドサイト】
・飲食事業ブランドサイト
https://lina-brand.com

【ストアサイト】
・Vector Beer 新宿
https://lina-brand.com/vectorbeer-shinjyuku
・Vector Beer Factory
https://lina-brand.com/vectorbeerfactory-shinjyuku
・Vector Beer 錦糸町
https://lina-brand.com/vectorbeer-kinshicho
・Vector Beer 大森
https://lina-brand.com/vectorbeer-oomori
・Vector Beer 虎ノ門
https://lina-brand.com/vectorbeer-toranomon
・カドウシ~40日熟成焼肉×クラフトビール12TAP~ 錦糸町
https://lina-brand.com/kadoushi-kinshicho

・塊肉&麦酒 BLOCKS 中野店
https://lina-brand.com/blocks-nakano
・塊肉ビストロ BLOCKS 四谷
https://lina-brand.com/blocks-yotsuya
・和牛専門焼肉 安芸の膳 錦糸町
https://lina-brand.com/akinozen-kinshicho
・炭焼き牛タン酒場 ウシカイ 飯田橋店
https://lina-brand.com/ushikai-iidabashi

【その他】
・Google広告運用支援
・グルメ媒体運用支援(グルメディット)
・代理店商品(TORETA、食べログ)

インタビュー

GMAとの出会い

福坂:小川社長、本日はお忙しい中インタビューのお時間をいただき、ありがとうございます。本日は、色々とお伺いさせていただきますが、よろしくお願いいたします。

小川社長:こちらこそ、本日はよろしくお願いします。

福坂:GMAと初めて出会ったのはいつでしたか?

小川社長:グローイングアカデミーではじめて関さん(当社社長)に出会いました。その時に関さんがグロアカの講師をしていて、ベンチャーリンク時代に牛角のFC展開をマネジメントしていたということや、現在自社でも直営店を展開しているということに興味を持ちましたね。

福坂:きっかけは関だったんですね。

小川社長:かなり飲食に詳しい方だったので、お話を聞いてみたいと思いました。

GMAのサービスをご利用いただいたきっかけ

福坂:GMAのサービスを導入する決め手になったのはどのような理由でしたか?

小川社長:その当時の営業の方に色々と提案してもらって、まずは食べログとグルメ媒体数値の分析でお付き合いが始まりました。 当時は、食べログの契約が本部との契約だったのですが、本部契約だと加盟店が多いので、まったくフォローをしてくれなくて・・・ しっかりと毎月手厚いフォローをしてくれるというのが、最終的にGMAさんに決めた理由ですね。 実際、現在も毎月1回の定例打ち合わせで、WEB戦略を色々とご相談させていただいてとても助かっています。

GMAのサービスを利用してからの集客への考えや戦略の変化など

福坂:GMAと付き合いだしてから集客への考え方や戦略の立て方に変化はありましたか?

小川社長:お付き合いを始めてから、ストアサイト(自店舗ホームページ)を作りましょうというご提案をいただいて、初めは自分の会社のコーポレートサイトがありましたし、ストアサイトよりグルメ媒体の方にお金をかけるべきと思っていたので、反対でした。 しかし、色々とお話を聞いていくうちに、グルメ媒体でかなりの額のWEB予約の送客手数料がかかっていることが判明して・・・ ストアサイトからのWEB予約だと送客手数料がかからないので、それが大きかったですね。 特にぐるなびの販促費がどんどん上がってきていたので、送客手数料も合わせるとかなりの額になってしまっていたので。

福坂:グルメ媒体にお金をかけても昔より効果が出なくなってきていますもんね・・・

小川社長:そうですね。福坂さんに「ぐるなびの予算が無駄だからやめましょう、サイトでブランディングをしましょう」と言われて、考え方が変わりました。 グルメ媒体もかけるコストが0円ではないにしろ、比重を少なくして、自社のストアサイトでお店の魅力を表現していかなければ、今後勝ち残れないなと思います。お客さんのニーズも多様化していますし、グルメ媒体だと同じフレームの中で競合店との差別化を図れないなと気付かされました。

福坂:特に都内は専門店的なワードでの検索がかなり多くなってきていますからね。専門店ばかりの小川社長の業態だからこそ、ストアサイト内で表現のし甲斐がありました。

小川社長:ありがとうございます。現在10店舗のストアサイト運用をお任せしていて、もちろん店舗ごとに効果の差はありますが、どの店舗も少しずつ効果が出てきて大変助かっています。

GMAのサービス・サポートの良いところ

福坂:GMAのサービス・サポートの良いところはどこだとお考えでしょうか?

小川社長:フォローや運用がしっかりしているところですね。

フォローは、月1回、営業担当の方と打ち合わせをして、しっかり戦略を練られますし、ストアサイトの運用の方もレスポンスがとても速く助かっています。

福坂:担当も喜ぶと思います。 GMAは、よくあるホームページ制作会社の「制作したからハイ終わり!」のような作りっぱなしホームページではなく、ホームページを制作した後の運用やフォローにこそ一番力を入れる会社ですからね。

小川社長:あとは、WEBは変化が早いので、その変化の最新情報やノウハウをGMAさんが教えてくれるところも助かっています。情報収集をし続けなければ生き残っていけないですからね。 市場はどんどん変化していくので、そこに合わせた情報を仕入れていこうと思っています。

会社のご案内

東京で大人気のクラフトビール・地ビールの醸造・販売から、飲食店経営・プロデュース・コンサルティング・独立支援まで、様々な事業を展開するマルチカンパニー。
新宿、浅草橋に自社醸造所を構え、自社醸造クラフトビールを作っています。その自社醸造クラフトビールを楽しむことができる「Vector Beer」を含む飲食店を都内19店舗、展開されております。
「独立」を目指すスタッフの育成に力を入れられており、「成長」「創造」をテーマに店舗運営されております。
現場のアイディアを元に様々なことを取り込み、積極的に時代への変化に対応するべく成長し続けられている企業です。

ご相談・ご質問等はメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ